2010年1月24日日曜日

割り箸リフォーム?

昨年夏に、眺望が売りのマンション(築17年中古)へ引越してきた。
建設中の東京スカイツリーや富士山も良く見えるし、目の前の土地は新しい戸建住宅が建ち並んでいて、将来的に眺望が失われる心配も少なさそう。

しかし、実際に住んでみると良いことばかりではなかった。
それは、夏の強烈な日差しと、冬の結露。特に夏は厚手のカーテンを閉めなければ、エアコンがほとんど効かない。
ペアガラスなど一般的でなかった時代のマンションで、眺望優先で大きなガラスを使えば、当然の結果か。。。

なんとかできないかと夫婦でいろいろと検討したところ、YKK apの樹脂製内窓「プラマードU」に「Low-Eペアガラス(遮熱タイプ)」を組み合わせたのが良いのではという結論に至り、昨年12月、工事の施工をお願いした。

そして昨日、無事に工事が完了したものの、



写真のとおり、枠の部分の仕上がりが微妙。
なんか、割り箸を使った小学生の工作を彷彿とさせる仕上げ。
「格別に施工費を安くしてくれなくていいから、とにかく丁寧に施工して」と念を押していたのに。。。

さて、どうやって修復しよう?
塗装か、木目シートを貼りか、それとも。。。

ちなみに、結露抑制効果は大きく、今朝は全く結露せず。外があまり寒くないのかなと、内窓を開けてみたら数秒のうちに外窓の内側に結露が生じたのにはびっくり。
夏の強烈な日差し抑制も期待出来るかな?

2010年1月21日木曜日

東京スカイツリー


我が家のバルコニーから見える東京スカイツリー。
毎日少しずつ高くなっている。どこまで高くなるのかな?

Amazonは早い

昨夜、注文したICカードリーダライタ(NTT-ME SCR3310)が今日の午前中に届いた!(予定では22日だったのに。)
注文の発送メールが午前2時頃に来ていたので、夜中に発送作業をしていたのかな?

これで、確定申告の準備はパソコンの利用環境の整備のみ。
その前に必要な書類を確認しないと。(でもまだ、源泉徴収票をもらっていない。。。)

2010年1月20日水曜日

確定申告の準備(その1)

昨年、ローンを組んでマンションを購入したので、住宅ローン控除を受けるために確定申告をすることにした。いろいろ調べてみると、ネット(e-tax)で申告を済ませられるようなので、やってみることに。

まず準備しなければならないことは、
1.住民基本台帳カード(電子証明書)の取得
2.ICカードリーダライタの購入
3.パソコンの利用環境の整備

1については、住民票のある区役所で取得可能。しかし、調べてみると即日発行ができないため、窓口に2回出向くか、交付申請を郵送で行い、後日受け取りに出向くという方法があり、後者の方法にすることにした。ただし、後者の方法だとカード発行手数料(500円)納付のために「定額小為替」を買わなければならず、その発行手数料100円が必要。

申請をして、1週間ほどでカードが出来上がったとの連絡があり、今日(1月20日)区役所へ受け取りに行った。e-taxを利用するためには、このカードに「電子証明書(住民票の記載事項の一部の情報が入っている模様)」を入れてもらわなければならず、その手数料が500円必要。カードの暗証番号と、電子証明書のパスワードを埋め込む作業にしばし時間がかかったものの、無事に発行終了。

2のICカードリーダライタは、接触型のカード用と非接触型のカード用が有り、事前に前者のタイプであるだろうということがわかっていたものの、念のため発行されたカードを確認してから買うことにしていたが、予定通り前者のタイプだったので、NTTコミュニケーションズの「SCR3310」2322円をAmazon.comにて注文した。到着予定は明後日。

2010年1月17日日曜日

記録再開

以前(5年くらい前?)、とあるサイトにてブログを書いていたのだけど、しばらく書かない間に、気がついてみたらサイト自体が消滅。データのバックアップもなかったので、別のサイトに移行もできず。(あえて移行するほどの価値があるかは疑問だけれど。。。)前と同じような使い勝手のサイトもなさそうで、ずっと中断したまま、何年も経っていた。

最近、妻が再びブログを書き始めたので、ちょっと試しにGoogle純正?のブログサービスを使ってみることにした。