2011年1月28日金曜日

『インターネット』村井純、岩波新書、1995年11月初版

『インターネット』は、1995年11月に出版された新書。当時、私は大学1年で、通っていたのは文系の学部ではあったが、比較的に情報処理関係の科目が充実しており、インターネットについてもそれなりに知っていた(つもりになっていた)ため、大学生協の書店にこの本が平積みされているのを見ても手に取ることすらしなかったような記憶がある。

15年経った今、とあるブログでこの本に書かれていることが紹介されており、重要な指摘がされていることに驚き、興味を持ったため今更ながら読んでみた。

内容的には、インターネットの仕組み、歴史、可能性や課題について、一通りのことがわかりやすく説明されており、なるほど〜と普通に感心して読み終えてしまいそうになる本だが、

1.インターネットでは、回線(中間)ではなく、両端(パソコンやサーバー)に主導権が移る。
2.従量課金ではなく、定額課金(使い放題)に移行する必要がある。

という2点がインターネット以前の通信との大きな違いで、重要なポイントだという。

ニフティーサーブなどのパソコン通信が廃れ、携帯電話をスマートフォンに買い替える人が増えてきたのもこの2点で説明ができる。が、本書でさほど強調されている点ではないし、当時、本書を読んでいたとしても今の状況が予想できたとは思えない。(おそらく著者自身も同じではないだろうか?)

本書は、続編も出ているようなので、読んでみようかな?

2011年1月10日月曜日

四季なりいちご「フラグーディープローズ」

近所のホームセンターで売っていたいちごの苗をプランターに植えた。

品種は、聞き慣れない「フラグーディープローズ」という名の四季なりいちごで、赤い花が咲くというのも珍しい(今までいちごの花は白いものしか見たことがなかった。)。


今回、土もプランターも何もなかったので、すべて新規調達となり、合計965円の出費。(内訳は、苗248円、プランター247円、プランター受け皿167円、鉢底石1リットル198円、土2リットル105円。プランターを百円ショップで調達したり、鉢底石を省略すれば半額くらいで収まったけれど。)

いちごは多年草である上、ランナーでどんどん株が増えていくので、これからどのくらい収穫ができるか今から楽しみ。すでに実が膨らみ始めているものもいくつかあるし。

2011年1月9日日曜日

迷惑メールその後

昨年の8月から届き始めた迷惑メール。
いわゆる懸賞金詐欺(払戻金詐欺)系のメールで、かつて楽天が販売していた個人情報を元にして送信されているらしいけれど、一向にやむ気配がないので、不本意ながらもメールアドレスを変更することにした。かれこれ16年以上もインターネットを使ってきたけれど、スパムメールに屈してアドレス変更したのは今回が初めて。

懸賞宝船、全国懸賞財団、MSN、Yahoo japan、成功率100%ビジネス、妻遊記GOLD、等々と名称を変えてきているけれど、文体や手口が似通っているので、同じ主体が送ってきているのは間違いない気がする。

しかし、長い間使っていたアドレスだったこともあり、いろいろなサイトでアドレスを登録していて、その変更作業だけでも一晩がかり。疲れた。。。。