2011年2月12日土曜日

久々の映画

先日、妻と二人で「ソーシャル・ネットワーク」を観に行った。
映画館に行くのは数年ぶり。小さい子がいると映画館にもなかなか行きにくい。

この映画、「面白い?」と端的に問われると微妙な感じ。でも、今やGoogleと並ぶ世界的企業となった「Facebook」に何がしかの興味を持っていれば、十分楽しめる内容だと思う。

前半は、機関銃のように出てくるセリフ(字幕)を消化するのに精一杯。IT系の用語も"Linux"くらいならともかく、"Apache"、"Perl"、"Wget"などが「当然知ってるでしょ」という突き放した感じで次々セリフの中に出てくる。一方で、ビジネス系の 用語は、「株式の希薄化」をはじめとして色々と出てくるものの、意味を知らなくてもストーリーの流れを掴めていれば、なんとなく分かるような配慮がされていた。(技術の話はとりあえず脇に置いておかれた感じ、というかわからなくても大丈夫。)

おそらく、マーク・ザッカーバーグのような人物は日本じゃ出てこないだろうなぁ。というか、ちょっと目立ってしまうと簡単に逮捕されてしまうので、世界的に有名になるどころの話ではないか?(Winnyにしてもlivedoorにしても。。。)

それから、音楽がなかなか良かったので、サウンドトラックをネットで検索したところ、
1.iTunes Storeで、1200円。
2.Amazon MP3で、600円。
3.版元のサイトで、5ドル(USD)。

迷わず(?)、3を選択。クレジットカード決済なので、日本円でいくらになるかはカード会社からの請求が来ないとわからないけど、400円台前半で済みそう。音質的にも3が最も良く、ファイル形式も複数ある中から選べ、DRMも掛かっていないのでベスト。

0 件のコメント:

コメントを投稿