2011年3月25日金曜日

原発を止めるために効果のなかった取り組み

・グリーン電力基金へ参加する。

財団法人 広域関東圏産業活性化センターが、自然エネルギーの普及促進のために、活動資金を集めるしくみ。電力会社の電気代に上乗せされて毎月寄付金が集められる。

自然エネルギーが普及すれば、原発への依存を減らせるのでは?と思い、一口500円/月だけ参加していたけれど、今のマンションへ引っ越した際 に強制解約されてしまい、そのまま。それ以前の引っ越しの際にも強制解約され、その時は再参加申し込みしたけれど、東京電力のやる気のなさに負け、2度目 は再参加せず。

そして、先ほど公式サイト(http://www.giac.or.jp/green/index.html)を見たところ、制度自体が平成22年度で終了するらしい。電力会社にとっては売り上げ、利益ともに減ってしまい、経済的には何らメリットがないのだから終了するのも当然か?

ちなみに、最もグリーン電力基金への参加率が高かった東北地方が今回の原発事故で最大の被害者となったのは皮肉としか言いようがない。


・電力会社の株主になり、原発廃止の株主提案に賛成票を投じる。

ほとんど毎回、どの電力会社の株主総会でも、株主提案として原発廃止の議案が出される。これに賛成票を投じることで原発を止められるのではないかと淡い期待をし、株主(数百株程度だけど)になり賛成票を投じたものの、他の多くの株主の賛同は得られず、否決となる。


・署名サイトで署名する。

新潟県中越沖地震でトラブルが相次いだ柏崎刈羽原発の廃炉を求めるネット署名運動「おやすみなさい、柏崎刈羽原発」(https://www.sitesakamoto.com/unplug_kariwa/)にて署名。署名総数7421。署名は関係自治体の長に提出されたものの、原発は運転を再開。


結局、効果の出るような取り組みは何もできないまま、福島の事故に遭遇。。。無力。

4 件のコメント:

  1. そうですか...(T_T)私もなにかできないかと署名をしてみたりしていますが、なかなか効果がないので、電力会社株を買う方法はどうかとググっていたところでした...。

    先日の地方統一選挙でも原発推進派の知事や自民党の議員が当選
    するのをみて、がっかりしました。

    とりあえず、今私にできることは節電です。もう東京電力から電気を買いたくないので、将来は電気を自給自足できないかと考えて勉強しているところです。

    ほんとに無力を感じ、落ち込むことばかりですが、あきらめたら何も変わらないですもんね。

    また、寄らせてもらいますm(_ _)m

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。

    そうですね。
    私も節電(電力不買)で対抗しています。

    日本の電力需要が増えなければ、原発ビジネスも成り立たないですから。

    返信削除
  3. そうですよ!!

    御存じとは思いますが、総発電量で約3割、ピーク電力で約2割の節電によって、原子力発電所を止めても他の発電所の発電設備で電力消費をまかなうことができるそうです。これはバブル経済をやっていた1980年代後半の電力消費量にあたるということです。

    うちでは最近、電力の消費量をずっとモニターしていますが、このところの節電で前年同月比マイナス30%を達成できそうです。といってもそれほど悲壮な節電をしている訳でもなく、ちょっと意識して、コンセントを抜くとか、こまめに照明を消すとか...。何だこんな簡単なことだったのか...。て感じです。逆に言ったら、どんだけ無駄遣いをしていたかってことなんですが...(> <;)

    ということは、みんながちょっと気をつけたら、原発のない社会が手に入るということですよね...。

    返信削除
  4. 私も先日、毎日新聞のサイトに掲載されていた電力使用量の推移グラフを見て、1980年代後半レベルに消費量を抑えれれれば原子力発電は止められると思いました。生活水準がバブル期より上がったという実感はないので、増えた分は電力会社の営業努力の結果ではないかと思います。(IHクッキングヒーター、電気温水器、オール電化の普及など)

    うちでは3・11以降、浴室暖房乾燥機、食器洗い乾燥機、電気ポットの使用をやめました。また、白熱電球はLED電球に置き換えるなど、地味ですが節電しています。

    あと、冷蔵庫が結構なウエイトを占めているので、新型に変えれば相当改善されるはずですが、すぐには無理なので、今は設定温度を控えめにすることで対応しています。

    ひとりひとりの小さな配慮が積み重なれば大きな力に変わると信じています。

    返信削除