2011年6月25日土曜日

2011年4月〜6月に読んだ本。

震災後、通勤電車の中でよく本を読むようになった。読んだ後、短い感想をtwitterでつぶやいていたが、3ヶ月分たまったので、5段階評価もつけてまとめてみた。

読んだ本は、単行本2冊、新書4冊、文庫3冊の計9冊。3・11の影響でジャンルは災害関係、原子力関係のものばかりだった。


2011/04/23 読了 山村武彦『人は皆「自分だけは死なない」と思っている』宝島社
評価:☆☆☆☆☆

3・11後、職場の先輩(神戸出身)が「何があっても自分だけは死なない気がしますね。」とのたまったけれど、本書によれば「楽観的な願望に基づいた根拠のないもの」だそうだ。


2011/05/22 読了 石黒耀『死都日本』講談社文庫
評価:☆☆☆☆☆

大衆の踊狂現象(伊勢神宮への集団参拝、現代では政権交代も含む現象?)の後、大地震や大噴火などが起きるらしいが、阪神淡路大震災も東日本大震災も見事にあてはまり驚き。


2011/05/29 読了 石黒耀『震災列島』講談社文庫
評価:☆☆☆☆

原発の爆発シーンは、まるでフクシマを見てきたかのよう。運転員たちが命がけでメルトダウンを防ぐなど、現実との違いも多々あるが。なお、昨秋書かれた文庫版あとがきでは、近いうちに日本は大震災に襲われるのでは、と予想されていた。ただ、『死都日本』が火山の話でほぼ埋め尽くされているのに比べ、『震災列島』は何がメインなのか不明瞭だった。ヤクザ、地震、原発、津波、テロ、等々盛りだくさん過ぎだった。


2011/06/03 読了 石黒耀『富士覚醒』講談社文庫
評価:☆☆☆

意外にも富士山は覚醒しても『死都日本』の霧島山よりずっと大人しかった。(霧島は世界規模。富士は県レベル。)これで石黒耀のクライシスノベル全て読了。やはり『死都日本』が一番災害の描写が上手く面白かった。


2011/06/09 読了 鎌田慧『日本の原発危険地帯』青志社
評価:☆☆☆☆☆

日本各地の原発地帯で何があったのか、知っているようで知らなかったことも多かった。筆者は「原発は民主主義の対極に存在する」と結論付けたが、各地で起こったことを総括すれば、まさにその通りとしか言えない。


2011/06/14 読了 大木聖子他『超巨大地震に迫る』NHK出版新書
評価:☆☆☆☆

様々なマグニチュードの種類の話など興味深かった。海溝型地震の長期評価では、四国の伊方原発も想定震源域の真上に建っているようだ。大地震の起きる確率は40%。だが、東南海、南海地震でも震度6強以上に襲われる。確率的には浜岡より危険か?


2011/06/16 読了 奥山俊宏『ルポ東京電力原発危機1カ月』朝日新書
評価:☆☆☆

当時、TVで見た記者会見のやりとりが脳裏に蘇ってきた。計画停電。暖房需要で供給が足りないとか、あの頃はまだ寒い季節だったのだなあ。事態は一向に収束していないけれど、日本は終了しそうだ。


2011/06/20 読了 水野倫之・山崎淑行他『福島第一原発事故と放射線』NHK出版新書
評価:☆☆☆☆

「原発という危険なおもちゃを私たちに扱えるのか?」など、民放のニュース番組解説者だったら言えそうにない台詞を言えるのはNHK解説委員だからこそかも。


2011/06/22 読了 小出裕章『原発のウソ』扶桑社新書
評価:☆☆☆☆☆

京大の小出先生の名は3・11後に知り、著書を読んでみたいと思ったものの書名の三流っぽさに負け、ずっと読まずにいた。読んでみるとNHKの新書より親切な記述で問題の構造もわかりやすい。早く読めば良かった。

2011年6月16日木曜日

平成23年6月分の電気使用量



6月分の電気使用量は、90kWhで、前年同月比マイナス53.6%となった。
先月に比べると少し使用量が増え、削減率も下がったもののマイナス5割以上をキープ。

月の途中で契約アンペアも40Aから30Aに下げたので基本料金も下がってきた(今月は日割り計算)。

2011年6月10日金曜日

某メディアの方からの質問

ブログやツイッターで情報を発信していると思わぬ方から連絡を貰うことがある。

今回は「葛飾区における個人の方の放射線量測定の取り組みに関心を持っている」と某メディアの方からツイッターでメッセージを頂いた。その後メールで何度かやりとりをし、最終的には直接取り上げられることはなかったのだけれど、そのとき受けた質問と返した回答をせっかくなので載せてみることにした。

1.自分で線量を測ろうと思った理由は?

うちにはまだ幼い娘がおり、親として実際の線量を確認しておく必要があると考えたためです。

当初は文科省が取りまとめている都道府県別環境放射能水準調査結果を参考にしていましたが、上空の線量であり子供の生活する場所の数値とは異なると思えました。また、同じく文科省が取りまとめている定時降下物の調査結果を併せて考えても、地表の汚染が激しいことが予想できました。

そのため4月中旬頃、葛飾区役所に保育園等の放射線量測定のお願いをしたところ、

「新宿で計測しており健康に被害を及ぼす測定値ではないため、葛飾区独自では計測しない。」

という回答をもらいました。

ちなみに以前から独自に測定をしていた隣の足立区でも、機器の故障?という理由で測定が中断しており、国等への配慮(国からの圧力?)で独自測定ができないのだろうと推測しました。

2.どうやって機械(ガイガーカウンター)を手に入れたのか?

区役所に頼れないため、インターネットでガイガーカウンターの入手方法を調べました。いろいろ調達方法は見つかりましたが、あまり時間もかけていられないので、国内のネット通販で在庫のあった中国製のBS2010という機種を購入しました。

3.今も計測をしているか

今でも機械の電源は常に入れて身近なところに置いています。また0.25uSv/hを超えるとアラームが鳴るようにも設定し、異変が起きたとき迅速に気づけるようにしています。

外出時、時々アラームが鳴ったり、雑草の生えてる地面に近づけると確実に数値が上がったりするので、簡易な機械とはいえ相対的に危険な場所を見つけるのには役立っています。なお、実家は茨城県守谷市ですが、葛飾区の2倍程度の汚染が確認され、子供を連れていくのを取りやめています。